ケツケツアヘアヘ

なんだっこれ

「もしも 5回目のクリスマスだったら」レビュー

> もしネタが無かったら超激辛レビューしてくれても
> いいなんて思ってないんだからね!!

とか言われたのでやります
作者公認レビューなのでめちゃくちゃなこと書きます
もう知りません





ではまず、俺が一番苦しくなったシーンがこちらです


もしも 5回目のクリスマスだったら


この文章を見た瞬間思わず
「嘘だろ……」と呟いていて
気付いたら自分で自分を抱きしめていました

水煮よぉ…
俺を誘ってくれよぉ…
俺を相手にしてくれよぉ…
俺を飯に付き合わせてくれよぉ…


俺じゃ駄目なのかよぉ…


俺じゃ駄目なのか…


俺じゃ駄目なんだな…


そうだよなぁ…
俺じゃあなぁ…


とか本気で考えてました
今思うと頭がおかしいです

んでその後も普通にPIAIしたのですが、
なんと言えばいいんでしょうか
ただ無心、なんの感情も湧かないんですよ。

俺の脳が現実を、今このゲームをPIAIしているという現実を、
受け入れたくなかったのかもしれません。

でも強烈な孤独を感じました。
ゲームの中ではキャラ達が楽しくやってるのに、
それをPIAIしている僕は独りで、
操作が介入する余地がないから、余計に独りで。
多分それがこのシリーズの、最も嫌だと感じる部分なのかなと、
ちょっと思いました。


だけどこのゲーム、嫌なところだけでは御座いません。
ちゃんと笑える部分もあります。
それは兵士Dと女兵士Sの
関係を壊したくないイチャイチャが、
披露されているところなのですが、
なんとこの二人、交互に話すのですよ。
だから兵士D→女兵士Sという風に
文章ウィンドの名前欄が変わるのですが。
まぁ簡単に言えば「DS」に見えたっていう。
そこに兵士3人が加われば「3DS」っていう。
うわぁこれつまんね書かなきゃよかった。




さて、こちらをご覧ください。

chart.png

これは俺のPIAIモチベの降下具合を視覚化したものです。
x軸が経過時間、単位は分です。
y軸がモチベです。5が普通のテンションとします。
ダーブラと水煮の微妙な距離感のイチャイチャを
見せ付けられたのが10分のところというのは、
説明せずとも分かるでしょう。

30分のところでちょっとモチベが回復してるのは、
セーブ画面が出てきて終わりが見えてきたからです。


セーブ画面を越えると、そこには原点回帰、
ムシャとエロリアの言い合い合戦が待っていました。

でも僕は限界でした。
とっくにヴォロヴォロだったのです。
もう完全に決定キーを押し続ける機械となっていました。

しかしゲーム終了まで残り2分、
その時、僕はふと、目覚めました。


では、目覚めた僕がガチで発した絶叫で
今回はお別れとしましょう。










クソクソクソっ!!!!




クッソクッソっ!!!!!




クッソォォオオッ!!!!!!!!!!

(頭を掻き毟りながら)




以上、クリスマス特別企画超激辛レビューでした。
[ 2012/12/25 03:12 ] 感想 | TB(0) | CM(2)
No title
してほしいなんて思ってない筈なのにレビューされてる!?
心折れ線グラフで不覚にもふいた!!
それ程水煮への愛が深いという事なのかな!?


このシリーズは嫌いだと言うのに、これ程までに
丁寧なレビューをありがとうございます。
このようなレビューをして頂けて、恐悦至極に存じます。
本当に、ありがとうございました。



ちなみに自分もこの作品を作って見終わった後
戻されたタイトル画面から戻るボタンを
押す気力すら残ってませんでした
自分で作っといてバカかと思いました。
[ 2012/12/25 19:35 ] [ 編集 ]
Re: No title
> 嫌いなシリーズのアレさん
いや、その、ごめんなさい
これ全然丁寧なレビューなんかじゃないです
ただのおふざけです
本当にすいません調子に乗りました

あ、作者さんもげんなりするものなんですね…

へぇーじゃあなんでこんな兵器作ったんですか
[ 2012/12/25 22:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -