ケツケツアヘアヘ

なんだっこれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

VIPRPG2013GW感想その4

誰が得すんだよこのクソレビュー

04 10 11 14 18 21 50




No.04 「Every Little kusoge」

オチが浮かばなかったから勢いで誤魔化そう。
そんな思惑が汲み取れるksg集。

進行のテンポがとてもいい。
なので、ネタが面白いかどうか、オチているのかどうか、
などに思考を巡らせる間もないため、
頭を空っぽにして楽しめる。

一言で表すなら「勢い」

勢い好きは是非。



No.10 「だし取りナイちゃん」

話がしっかりしている見るゲ。
元ネタがあるそうだが、
知らなくても楽しめる。

一言で表すなら「おっぱい」

見るゲ好きは是非



No.11 「新約PRECIOUS ~竜の勇者と骸骨の王様~」

あのプレシャスが進化して帰ってきた。
演出面、戦闘面、物語面、その全てがパワーアップ。
所々にギャグを挿み、メアリースー臭さも見事に消臭。
そして特筆すべきはスタイリッシュな自作戦闘。
キャラクターが動きに動き、
かったるい戦闘も飽きずに楽しめる。

しかし、基本的に「マジックウォーターでMPを回復しつつ魔法で攻撃」
という作業を繰り返すだけなので、
ちょっとめんどかった。

一言で表すなら「正当進化」

プレシャスをやった事ある人もない人も是非!



No.14 「魔王を倒した後に起こる驚きの事態」

シリアスな見るゲ。
ちゃんとキャラクターが立っているので、
シリアスな雰囲気が破綻することなく、
しっかりとストーリーを演出することが出来ている。
物語が分岐したり、戦闘シーンも凝っていて面白い。

だが、展開や台詞回しが駆け足気味なのは否めない。
だれそれが死に面していても、テンポよく進んでしまうので、
感傷に浸る時間がほとんどない。
でもこれは、俺がそう感じただけであって、
実際はそうでもないのかもしれない。
もうぼくよくわかんない。

一言で表すなら「もしも」

皆さんも是非!



No.18 「ksg e^iπ+1個詰め合わせセット」

安価を上手く料理したksg。
何と言ってもメニューが素晴らしい。
何と言ってもというか、それしか言えない。

一言で表すなら「発想力」

暇な人は是非。



No.21 「GWは単発ネタ集」

短編見るゲ集。

個人的な感覚の話になるので申し訳ないが、
どれもこれも総じてぬるい。

決して悪い意味ではなく、
ぬるま湯にゆったり浸かるような感じという意味だ。

腹を抱えて笑うものとは対極にある、
つい、にやけてしまう方向性。

演出やマップ、キャラの動作も細かい。

一言で表すなら「丁寧」

ほのぼのしたい人は是非。



No.50 「もしもゼビウスだったら。」

ゼビウス要素がある魔王把握。
俺はゼビウスをやったことがないので、
どこがどういう風にゼビウスなのか詳しい事は不明だが、
多分これが世間一般で言うゼビウスなのだろう。

一言で表すなら「ゼビウス」

ゼビウスは是非。


[ 2013/05/22 22:25 ] 感想 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。